FANDOM


バウンス・エフェクト (1%ルール)は戦闘において重要な役割を果たします。このルールのおかげで、デススター大型シールドドームは破壊するのが難しくなっています。

バウンス・エフェクトとは、艦船防衛が相手ユニットのシールドに1%を超えるダメージを与えられない場合、そのダメージが無視されるというものです。つまり1%以下のダメージしか出せなかった場合、ダメージを全く与えることが出来ないわけです。これはシールドへのダメージが1%刻みに記録されるためです。同様に2%に満たない場合、1%のダメージしか与えられません。

軽戦闘艦は普通は大型シールドドームを傷つけられません。またデススターはガウスキャノンプラズマ塔バトルシップ爆撃機デストロイヤー大型戦艦、そして別のデススターでしかダメージを与えることが出来ません。

このルールのため、軽戦闘艦は大型シールドドームを突破できず、多くの戦闘艦と防衛はデススターを傷つけることも不可能になっています。

関連項目編集